在籍占い師の紹介

阿光観(あこうかん)先生
[鑑定歴1年]

鑑定士へメッセージを送る
└事前に先生とコンタクトを取り、都合のよい時間を予約したり、前もってお悩みをお伝えする事ができる便利掲示板です。
鑑定を始める
↑鑑定希望の方はコチラ↑

★占いの種類★
霊感・霊視 / 祈願・祈祷/ 各種供養 / お祓い/ 霊感タロット 四柱推命 / 九星気学/ 守護霊対話 / 姓名判断 / 家相

★相談内容★
恋愛/仕事/人間関係/相性/相手の気持ち/縁結び/結婚/縁切り/出会い/ペットの気持ち/家族問題/転居/子育て/健康/夫婦問題/近所問題/進路/適正/仕事運/転職/起業/職場問題/金運/就職/経営/人生全般/使命/方向性/開運方法/運勢/浄化/トラウマ/いじめ/先祖/前世/守護霊/霊障害/方位/
占いの館/秘密

★ 先生からのメッセージ ★
阿光観と申します。 ご覧いただき誠にありがとうございます。 次回は4月18日15時〜23時迄待機の予定です。 鑑定歴20年、今まで延べ1万5千人以上の方を観てきました。 誰でも悩みを持っており、また誰もが幸せになりたいと願っています。 その一つ一つがそれぞれ違い、それぞれに大切なものです。 一人一人の違う人生の中で、どうしたら人はそれぞれに満ち足りた、幸福で平和な気持ちになれるのでしょうか? 運命鑑定相談では、主に「霊視」「気学」「推命」の占術を用いて、お客様のご相談内容にお答えを出していきます。 ☆占術☆ *「霊視」は、相手の気持ち、今の「気」(持ち)を読みとるのに最適な占術です。多くのお客様は、自分や相手等の気持ちの問題でお悩みですので霊視は現状がわかり、どう対応していくのがベストかが具体的にわかります。「気」は一定にとどまらず変わる性質ですので、短期的な事象を観るのに適しています。 *「気学」は、その年の運勢や方位、健康を読むのに適しています。厄年や八方塞がり、開運期などや転職や起業、結婚、新築などの時期を予測するのに最適です。 *「推命」は、最も長い期間、人生全体の大局を観るのに適しています。また、その人を表す命式で性格や性質が推測できますので、職業や結婚の相性、病気などを割り出すのに最適です。 ★運に向かうために★ 〜鑑定の存在意義と有効な利用方法〜 ☆悩みの解決や願望成就の鑑定相談において、鑑定は自己承認の静かな鏡のようなものです。 目標に近づくためには、まずは、ありのままの自分を知り、相手を知り、現状を偏見の無い素直な心で把握することが大事です。 そこから、どうしたら良いか、という最善または次善の手当てや対応、対策が自ずと出てきます。その対処法を選び取って現実的に行っていきます。 この、一つ一つの小さな努力を忍耐強く積み重ね続けることが、心を磨くことです。 鏡の曇りがとれて、余裕ができれば、分け与えることができるようになります。 すると、事態は好転し相手も周囲も変わり、次の段階へと進むことができます。望むものを引き寄せられるようになります。 「させて頂く」「ありがとう」「お陰さまで」といつも素直に表せるかどうかが、成就するか崩れ落ちるかの分かれ目です。感謝の心で接すると、周りの理解が得られ、長期的な努力を持続可能にします。 鑑定を通じて、心のバランスがとれて悩みが軽く楽になったり、目標に一つずつ近づいてなりたい自分になる、そのようなお手伝いを微力ですがさせていただけましたら、誠に幸いに存じます。 〜鑑定を受ける作法とお願い〜 ☆施す側と施される側の立場を超えないように境目をお守りください。 *最初に「阿光観です。どうぞよろしくお願い致します。」とご挨拶の後で、お客様の「ご氏名と生年月日」を伺います。その後、「本日はどのようなご相談内容のご鑑定をご希望でしょうか?」と開始のご案内をします。ご案内後に、ご相談内容を心を開いて素直にお話しください。 ★試す為に嘘を言ったり悪意で事実を隠す等、邪心の混じる内容の場合、隠そうとする心が反映されて霊眼に真っ暗闇が映るだけになることが多く、的確に鑑定ができなくなりますので、ご遠慮ください。 ★鑑定師に邪な感情を持ち込む人、たかりやゆすりの言動、犯罪行為、逆恨み等での付き纏いや呪いをする人、または、それらを他者に行うため等、鑑定を悪用する目的で利用する方はお断りします。

▼△ 先生からのお知らせ △▼
上から、*電話鑑定**ご祈祷**ご供養*の順番で下記にご案内をしております。

【お願い】
下記を*@お読みいただけること*、*Aご理解いただけること*、*B実践いただけること*、の順番に三段階で善行となり功徳が詰める案内になっています。
精神世界(スピリチュアル)の基本をご存じない方でも、現実的で具体的に開運する心の仕組みがわかり日々実践いただけます。
知っていて各サービスをお受けいただくのと、知らないままでお受けいただくのでは、運に関する差とその差から生じる将来の幸福度にも違いが生じてまいります。何より運を自ら破る誤りが少なくなります。
よろしければ、長文ですが、ご興味のございます箇所よりご一読いただけましたら誠に幸いに存じます。


***************
*★電話鑑定について★*
☆お相手の気持ちや今後など、基本的には、霊感霊視で各ご相談内容にお答えを出していき、アドバイスさせていただきます。
ご相談内容に即して必要な場合には、九星気学、四柱推命、霊感タロット、命名などの占術も合わせて行います。 ご希望の占術がございましたら、お申し付けください。
​ *各占術には下記の特性がございます。
☆占術☆
*「霊視」は、相手の気持ち、今の「気」(持ち)を読みとるのに最適な占術です。多くのお客様は、自分や相手等の気持ちの問題でお悩みですので霊視は現状がわかり、どう対応していくのがベストかが具体的にわかります。「気」は一定にとどまらず変わる性質ですので、短期的な事象を観るのに適しています。
*「気学」は、その年の運勢や方位、健康を読むのに適しています。厄年や八方塞がり、開運期などや転職や起業、結婚、新築などの時期を予測するのに最適です。
*「推命」は、最も長い期間、人生全体の大局を観るのに適しています。また、その人を表す命式で性格や性質が推測できますので、職業や結婚の相性、病気などを割り出すのに最適です。
*「霊感タロット」は、インスピレーションをタロットに落とし、タロットの絵柄をその根拠としながら、鑑定結果をご説明いたします。相手の気持ちなどの短期的な事象を読むのに適しています。

〜鑑定を受ける作法とお願い〜
*お電話が繋がりましたら「お電話ありがとうございます。阿光観と申します。本日はどうぞよろしくお願い致します。」とご挨拶をした後で、お客様の「ご氏名と生年月日」を伺います。その後、「本日はどのようなご相談内容のご鑑定をご希望でしょうか?ご相談内容をお話しください。」
と開始のご案内をします。ご案内後にご相談内容をお話しください。
※最初のご挨拶は、まずは心を鎮めて落ち着いた御心で良く鑑定をお受けいただくために、いつもご挨拶させていただいております。
これはまた、施す側と施される側との立場の境目をお守りいただき、トラブルを避け、順序良く鑑定相談を行うための作法でもあります。
※氏名と生年月日がわかる方が霊視精度は上がりますので、ご協力いただけましたら幸いに存じます。 また、相談内容も詳しくお話しいただけました方が、より的確適切に詳細な鑑定が可能になりますので、ご理解いただけましたら幸いです。

〜☆留意並びに注意事項☆〜
※以下をヒントとして精神世界を良く実生活でご活用、お役立てください。
☆(鑑定結果が思い通りでなかった場合)
鑑定結果は必ずしも、お客様の望むお答えだけをお伝えできるわけではございませんのでご了承ください。 なぜなら、商業としてはサービス業ではございますが、お客様にチヤホヤして気持ち良くだけなっていただいて売上を上げればいいという所謂商売ではなく、専門的学問的知見を含む客観的視点に立った鑑定結果をお伝えすることが仕事だからです。
鑑定結果が思う通りでなかった場合には、鑑定師や他者や自分を恨まずに、考え方の方向性や状況を見つめ直すチャンスと前向きに捉えてください。
「もうダメだ」ではなく、「まだダメなだけ」、この心の有り様の違いが、現実にも明暗を生みます。人生は一生を通じて誰でも困難多く、「まだまだだ」と思う謙虚な気持ちが、成長の原動力となり、生から死までの長い時間を明るく楽しく生きていくことができます。
そして、明るいところに、人も幸福も集まって来るのが運勢の原則です。
※世の中には「正」と「邪」というものがございます。 邪心があると、あらゆる事の円満成就は「邪」が断滅するまで困難となり、無駄な時間がかかってしまいます。 毎日少しずつ心を磨き、自他の中の「無明・煩悩(無知・欲望)」と、そこから生ずる「邪心・悪意」を断滅し続ければ、素直で明るい心となり、その光は他者にも伝わって行き、明るい世の中となり、自他ともに幸運や幸福に近づけます。 占い鑑定は、その為の、つまり心を磨くことで開運し、より善く生きることができるようになる、方便の一つとして存在していることをご理解ください。

☆(霊力鑑定の視える範囲)
「霊感・霊視」等の霊力鑑定は、全てが視えるわけではありませんのでご了承ください。
視える事象は、ご相談者様にとっての、次の段階への成長となる部分が視えることが多いです。
逆にご相談者様の心の成長の為にならない役に立たない部分、健全にしない部分は、無明という暗闇に隠されており視えてきません。
また、現実に一つずつ努力してやるべきことを積み上げていくと、次のヒントが視えてきます。
つまり、悪意や邪心を持って自分の思い通りにしようというご質問やご相談=自分と他者の心の境界線を相手の許可なく超えて人の領域に無断で侵入するご相談(例えば、執着している相手が今や未来にどこで何をしているかを付き纏いストーカー同様になり自分の思い通りに支配するための霊視の悪用、自分が努力をするのでなく、自分の欲望を果たす為に邪魔だと偏見から感じる罪なき他者を罠にはめて貶めて不幸にして出し抜く等の目的の霊視の悪用、等)は、全く意味をなさず成就しないばかりか(一時的には成就したかにみえるときがあっても、ついには誰も手助けできないほどの収集のつかないもっと大きな問題となり破れます。)ご自身の悪意や邪心が自然に暴かれて明るみになる結末になります。エゴのみで進んでしまうと自分では夢中で気がつかなくても、他者から見たときにはおかしな精神状態の人になっているのが丸見えになってしまうのです。最も小さなそのエゴによる損害が、恋愛時によくある下心を見透かされて警戒されてしまい誤解が生じることです。
ですので、自分の心を磨くこと、自分のすべきことに集中をすることの日々の積み重ねが、一番近道で成就や幸運への可能性を高めていくことなのです。
「させていただく」「ありがとう」「おかげさまで」といつも素直に表せるかどうかが、成就するか崩れ落ちるかの分かれ目です。感謝の心で接すると、周りの理解が得られ、長期的な努力を持続可能にします。
全てが視えることがあれば神様であり、人が努力をする意味もなくなります。個々が自由に独立して生きて努力を尊重するように、精神世界もとても良くできていると思います。

☆(未来の鑑定についての考え方と成就に結び付かない考え方)
未来の鑑定については、基本的に可能性としての結果です。
未来の鑑定結果は、あくまで目安としてください。
なぜなら、今の瞬間瞬間に思う事と行う事が未来を変化させたり未来を創る要因になり、未来とは今の行為の積み重ねで一定時間を得て呼応して事象が起こり、道を開く可能性が増えたり減ったり変化するからです。
絶対という未来は、生まれた瞬間から人は死に向かっており、将来いつか肉体は生命活動を止めて死ぬ事はわかっています。一日24時間の時間は平等であり、時間は過去から現在、未来へと流れ、逆さまには流れません。
故に、誕生から死ぬまでの間の人生をいかに善く生きるかで人生の幸福感はそれぞれ変わります。
ですので、どんな小さい事でも自分が気づくことができる範囲で、善い行いを積み重ね続けることで、「今」の次の瞬間からの未来が明るい良い方へと向かい、良く生きて良く死ぬことができるようになるのです。
逆に、生まれたときから、人生の結果が決まっていたら、生きることに希望はありません。そして、人も社会も成長はありません。
また、例え自分では善い事だと思っても「自分がこうしてあげたから、相手もこうしてくれるはずだ」と頭で考えて未来の見返りを求めたり、結果だけを求める心の働きは、愛情問題では恋人、夫婦、親子、友人どのような関係性でもいずれ破れを生じる考え方で、かえって気持ちが離れてしまう心の有り様なのです。
それは、相手を思い通りにしたい計算であり、損得勘定やゲームに過ぎないこと、相手に寄り添う真の愛情ではないことが、相手にも伝わるからです。

お電話を切った後、お客様お一人お一人が、次にどこへ行くのか、何をするのか、誰と会うのか、私にはわかりません。でも、どんな困難な時でも、環境や状況の外的要因に負けずに柔軟に捉え、明るく、素直で、前向きで、自分中心な発想から解放されて他者に思いやりがあり、感謝の心を持ち続けられる正直で誠実な人は、幸せになれる人だと推測ができるのです。 それが、物の道理であり、因果の法則であり、精神の力によって幸福が引き寄せられる不思議です。細かい枝葉の現実に囚われることでむしろ幸福は崩れていくのです。
不安が強いときには、鑑定が未来の希望や心の支えや安定に繋がり良い効果を生みます。
※ただし、鑑定師や他者に人生を全部決めてもらう共依存は駄目です。相手の心や人格を乗っ取ることや責任転嫁をする元になり、トラブルとなります。
鑑定結果とは、偏見のないフラットな心で受け取り、柔軟に前向きに、活用していくのが良い賢い利用方法です。お客様自身がどうしたいかの意志が大事です。
鑑定相談は、鑑定師もお客様も、限られた短時間の中で、お互いの全てを伝えきることはできません。鑑定中に表現された事柄から、一つ一つ具体的に学んだり、原理や法則を類推してご自身の人生に広げて活用することはできます。

〜★禁止事項★〜
以下をご一読いただき、ご了承の上お申し込みください。
尚、お申し込みにより、下記を同意・ご了承いただいたこととなります。予めご承知おきください。
★ストーカー目的等の鑑定の悪用はご遠慮ください。
時に、自分を磨きお相手の心を知ることで仲良くなる方法、自分や相手を幸せにする方法を学ぶスピリチュアルな鑑定相談ではなく、毎日のように、お相手の心の中だけでなく、今どこで誰と何をしているのかと相手を自分の物のように全部独占して強引に思い通りにしようとするご質問がございます。
節度を超えると、これは霊視や透視を悪用してストーカー行為をしているのと同様になります。このような相手の心も行動も全部いつでも自分が把握していないと気が済まない心の状態が、相手や他者からは嫌われてしまいます。相手は自分の物ではありません。この心は、愛情ではなく自分の思い通りに何でもしたい支配にあたりますので、円満成就できません。
ご不安はわかりますが、相手にも心や気持ちがあります。自身の心の弱さに負けず、邪心の深みに嵌らないよう節度を大事にして、霊視透視の悪用が元での自滅をしないようにしてください。
独占欲・支配欲が、限度を超えていると判断した場合には、鑑定をご遠慮いただく場合もございますのでご了承ください。不安はご自身の心が生み出しているものなのです。

★始めから、試す為に嘘を言ったり、揚げ足を取り攻撃をすることが目的で罠に嵌めて事実を隠す等、悪意や邪心が元にあるご相談の場合、隠そう、占い師を八つ当たりの対象として攻撃しよう、というマイナスの暗く黒い心が反映されてしまい、霊眼に真っ暗闇が映るだけになることが多く、的確に鑑定ができませんので、鑑定をお断りさせていただきます。

※お客様一人一人がそれぞれの事情があり、赤の他人の鑑定師に御心を打ち明けるのは、とても大変なことであると、鑑定師は理解しております。
その大事なお心を邪心で故意に傷つけたり、鑑定師個人の利益の為等に、悪用したり、マインドコントロールをして支配することは専門家としてございませんので、どうかお心を開いてお話しをしていただけましたら幸いに存じます。
※尚、スパイ活動の一環や鑑定師(相手)に勝ちたい、場を荒らしたいためだけにご依頼の方もおられますが、それはお客様という役割の立場を超えた越権行為であり、(貴を)盗む行為にもあたり、相談する行為や教えてもらう行為ではそもそもございませんので、人間関係が築けず無駄ですのでおやめください。
お互いに礼儀を尽くして筋を通してルールを守り、相対しましょう。

★鑑定師に、邪な感情を持ち込む人、たかりやゆすりの言動をする人、犯罪行為をする人、逆恨み等での付き纏いや呪詛をする人、裏でネットワークを作り、料金の引き下げや潰し、乗っ取り、盗み等の目的で、道理に合わず筋の通らない誹謗中傷をむやみにすることで仕事の邪魔をして迷惑を掛ける人、裏から悪意ある操作をする人は、お断り致します。
上記等の迷惑行為により重大な損害が発生した場合等、事の次第によりましては、運営会社並びに顧問弁護士と協議の上、訴訟に踏み切る場合もございますので、ご注意ください。
また、「言論の自由の原則」を大義名分のように悪用し、自分の憂さを晴らす為等自分中心な目的や悪戯等で匿名でインターネット上等やそれ以外の媒体で人を傷つけて貶めるために悪口・誹謗中傷を行い拡散する迷惑行為を行い損害を与える人や集団には、個人情報の開示請求を行い賠償請求を行う場合もございます。
​ ※精神世界(スピリチュアル)は、実社会の法律以上の世界です。悪口や噂話の類は、経典で悪因縁を生み育てるため禁じられており、基礎の基本のルールです。何事でも基礎ができていないと応用ができないことは周知のことです。傾いた基礎の上には家は建てられないように、妬みや憎しみという傾いた心の基礎の上にも真っ直ぐな心は育たず、自分を滅ぼす脆くて苦しい許しや感謝のない土台です。
​ ※何のためにお申し込みいただきお話させていただいたのか、せっかくのお互いの貴重な時間を使い自らスピリチュアルな学びを望まれた楽しい機会を、自ら台無しにせず自分を大切にして実生活に生かしていただければ誠に幸いに 存じます。


***************
下記よりは、ご祈祷とご供養のご案内になります。
☆ ご祈祷ご供養は完全予約制になります。 お受けいただく場合には、必ず一度電話鑑定をお申し込みください。 ※電話鑑定でのお付き合いが一度もない方はお引き受けできません。
☆尚、ご予約により、下記にご案内のく内容について全て同意・ご了承いただいたこととなります。予めご承知おきください。
*********************

*☆ご祈祷について☆*
〜六根清浄〜生命力を活性化し、心身を調和して強くなる行法
祈祷とは、お願い事を感謝とともに神仏に祈る(神仏の意に乗る)善行です。
祈祷の功力は、願望成就のための根底となる、意志を磨き、集中力を強くすることです。
その結果、密教では、加持祈祷をすることで、願望が成就したり、悩みが解消されたりすることもあります。
加持祈祷とは、「身・口・意(行動・言葉・心の有り方)」を常に一つにして、同時に高める行法です。
祈祷師は三密加持と言って、仏様の印を結び、真言を唱え、心を清らかにして、一心にお祈りをします。
そのとき、神仏の心と私たちの心が感応します。それは、神仏と交わり近づく時間でもあります。
感応することによる作用とは、六根の気枯れを祓い、私たちを生み出した神仏と呼ばれている宇宙の命の源の光と融合することで、新しい生命エネルギーをいただき、より純粋になり元気が蘇ることです。
祈祷師は、神仏に願主の心を届け感応させるために、願主の心とも一体になってお祈りを捧げます。
それぞれのお願い事によって、成就に至る過程や成就までにかかる時間も様々です。
現実の限界を超えて道を開くためには、「もうダメだ」という諦めの気持ちが湧いたら「まだダメなだけなんだ」と気持ちを明るい方に切り替えること、感応できるように常に心を綺麗にすること、継続により意志を強くすること、がとても大事です。

★不動線香護摩祈祷について★
線香護摩祈祷のご本尊は、火生三昧に生ずる不動明王です。密教の宇宙の法である大日如来の変化身である不動明王は、右手に剣を持し、私たちの心の迷いを断ち切り、左手には索を持ち、正しい方向に導いてくださいます。しかも、親友のようにいつも寄り添ってくださり、私たちの心に従って求める所を円満にしてくださる尊です。
ご祈祷は、一心に不動真言を唱え、護摩を焚く釜の中に、神仏や先祖霊のお食事である線香を投じながら、お願い事をご祈祷します。
ご祈祷の作法は、丁寧な程良いと言われており、線香護摩遠隔祈祷では、古から続く修験道のお寺で護摩を焚く作法で、一座1時間〜1.5時間位をかけて丁寧にご祈祷します。
ご祈祷後一週間以内に、線香護摩炎と都度の願望に添った依代札の画像とご祈祷の内容、並びにお願い事について降神した諸神仏等からの託宣をテキストで納品いたします。
また、依代札をご自宅でお祀りすることをご希望の場合には、後日、ご祈祷時の依代札と御供物を会員登録済みのご住所宛にお送りいたします。
転禍為福の不動明王の護摩の炎には、一切の魔障を浄化し、意志を強くして磨き、事象を変質させる作用があると感じています。
弱い内面も強くなり、欲望が人のためになる良い欲望に向上し、自分に打ち克つ力がつくからこそ、魂は輝き前進できるようになる行法です。
同悲の心で一生懸命お祈りさせていただきます。

〜ご予約の手順とお願い〜
☆ご祈祷は完全予約制になります。
まずは、掲示板でご祈祷がお引き受け可能かどうかのヒアリングをさせていただきます。
ご祈祷を希望の旨と下記@ABCをお伝えください。
※ご祈祷は、一度も電話鑑定をお受けいただいたことのないお付き合いのないお客様はお引き受けできません。
@願主様は、予め、氏名、生年月日、どの辺にお住まいか(◯◯県◯◯市、まで)を教えてください。
A合わせて、どのようなお願い事なのか、その願意を詳細に教えてください。どうなりたいかの願望、祈願に至った経緯や現状、お相手がいる場合は氏名や生年月日も含みます。不明な場合は、わかる範囲で教えてください。
B祈祷時に、「お電話での立ち合い希望」または「立ち合いなし」どちらの祈祷形式をご希望かを教えてください。
C祈祷時の依代札と供物の送付を希望される場合には、こちらも忘れずに教えてください。
D掲示板でお問い合わせいただきました内容を元に、祈祷の内容の確認とご予約の手順をご返信いたします。 阿光観からの確認メッセージが届いてから、予約システムより正式にご予約ください。 ※阿光観からの返信は、24時間以内に心掛けておりますが、万一48時間以上返信がない場合には、お手数ですが再度メッセージしてください。
☆阿光観の不動線香護摩遠隔祈祷では、@ABCのご祈祷に必要な情報をいただいてから、お一人毎に都度の願意に添って、依代札を作成し、願文や降神する神仏、お唱えするお経や真言を選び、ご祈祷を組み立てるオーダーメイドのご祈祷です。準備完了後、ご予約日時にご祈祷を行います。
☆お電話にてお立ち合いをご希望の方は、お電話が繋がりましたら祈祷時の作法をご案内致します。
祈祷中は、静かな場所でお祈りに集中してください。
ご祈祷が始まりましたら合掌してください。
ご祈祷の間、お唱えするお経などを聞いていただきます。
その際、祈祷を受ける方は、神仏への感謝の気持ちと祈祷するお願い事を一心に心からお祈りください。
また、ご存知のお経などがございましたら、ご一緒にお唱えください。お経を耳から聞くことも、唱えることも大事な修行で功徳をいただけるものと言われております。
☆ご祈祷が終わりましたら、その場で、ご祈祷したことについて神仏からいただいた一言メッセージを口頭でお伝えして終了となります。
※その際、ご祈祷後のご質問やご相談、私語は慎んで一切ご遠慮ください。ご質問やご相談がある場合は、改めて電話鑑定をお申し込みください。
☆尚、ご依頼内容によっては、お引き受け不可能な場合もありますので、予めご了承ください。
★呪詛のご依頼はお断りします。
★呪殺、罠に嵌める、失敗を望む等、ご自身を磨かず他者を悪意と邪心、妬みで邪魔し思い通りに操る目的のご依頼は、成就しませんのでお断りします。
★祈祷師に妬みや悪意、邪心を向けないでください。

〜ご祈祷Q&A〜
Q. 遠隔でご祈祷を受けるに当たり、何か準備することはありますか?
A.
一手にお引き受けしますので特別な準備は必要ありませんが、遠隔であっても、ご祈祷をお受けいただく際は、神仏に繋ぐ心の綱は清くないと感応ができません。せめて、お取引きが完了するまでの期間は、愚痴、悪意、邪心、妬みを生活に持ち込まず、行と思い、素直で清らかな気持ちでお過ごしください。心の有り様が大事です。
☆また、遠隔祈祷時に、ご自宅の神棚や仏壇でご自分なりに清らかな気持ちでお祈りしていただくのは善い事です。

Q. 氏名、生年月日、住まいの地域の情報は、ご祈祷になぜ必要なのですか?
A.
神仏は、その情報から個人を特定します。例えば、それが不明だと迷ってしまい探し出すのに時間がかかったり、同性同名の人がいて他者との判別がつかず間違ってしまうことがあるからです。
*お相手の氏名しかわからない、などご祈祷時に必要な情報が不足している場合でも、ご祈祷自体はできますのでご安心ください。


*☆供養と回向☆*
〜供に養う〜自分の根っこを知り、迷いが晴れ自信がつく善行〜
供養する功徳とは、安心を得て、フラフラと迷わずに自分の中心がとれて自信がつくようになることです。
また重ねて、良縁や仕事運向上、各種願望成就、悉知円満に大事な「(他者に)分け与える力」、つまり「共生する力」を養う功徳も供養にはあります。
なぜなら、供養は、自分の根っこである先祖に「感謝の心」という清く美味しいお水をあげることだからです。自分の根である先祖を供養することは、自分が太く大きく成長できることに繋がります。
「供養」とは、感謝することで、供に養い育つ善行なのです。
あなたが今生きているのは、両親がいるからです。その両親にも、両親がいたからです。ただ一人の先祖が欠けてもあなたはこの世に生まれていません。人は、自分一人で生きているのではありません。大勢の命に支えられて今の自分があるのですから感謝をするのは当たり前のことなのです。
また、「供養」する事を「回向」と言ったりもします。
「回向」は、お経を読んだり、真言を唱えたりして得た功徳を、故人に回し向けることです。
供養することで授かった功徳をご先祖様や故人に分け与えること、つまり施主が供養して徳を高めることで、亡くなった方も成仏に近づいて行くのです。
「回向」とは、分け与える力を養う善行なのです。
私たちは、両親より生まれて以降、他者や社会や自然から沢山の有形無形の価値あるものを分けていただいて、生かされています。
故に、どのような関係性においても、得たものを独り占めせずに分け与えることができるかどうかが、良縁・円満成就の鍵なのです。

★線香護摩供養について★
線香護摩供養では、護摩の本尊の不動明王、命の源泉である大日如来、極楽浄土を主宰する阿弥陀如来や釈迦如来等、成仏へ導いてくださる諸仏を勧請して、先祖供養、水子供養、個人供養、ペット供養、の各種供養を行います。
ご供養は、宗派のご希望に添いながら、護摩を焚く釜の中に、神仏や先祖霊のお食事である線香を投じて、ご供養します。
作法は、丁寧な程良いと言われており、本大線香護摩遠隔供養では、古から続く修験道のお寺で護摩を焚く作法で行い、一座1時間〜1.5時間位かけて丁寧にご供養をします。
ご供養後一週間以内に、線香護摩炎とお建てした水塔婆の画像とご供養の内容、並びに勧請した諸仏或いは先祖霊や故人の託宣をテキストで納品いたします。
また、お塔婆をご自宅でお祀りすることをご希望の場合には、後日、ご供養時のお塔婆と御供物を会員登録済みのご住所宛にお送りいたします。
沢山の線香を焚いた煙と香気と護摩の炎で供養すると、古い気枯れが焼き浄められると同時に、新たに三世のご縁の縄を綯う働きがあると感じています。
滅罪生善のため、心を込めてご供養させていただきます。

〜ご予約の手順とお願い〜
ご供養は完全予約制になります。
まずは、メッセージでご供養を希望の旨と下記@〜Eをお伝えください。
※ご供養は、一度も電話鑑定をお受けいただいたことのないお付き合いのないお客様はお引き受けできません。
@ご供養をお受けいただくに当たり、施主様は、予め、氏名、生年月日、どの辺にお住まいか(◯◯県◯◯市、まで)教えてください。ご供養時の読み上げに必要です。
A供養内容を下記よりお選び下さい。
※一回のご予約内で行える供養は、一家または一霊の供養となります。
********
❶先祖供養
❷水子供養
❸個人供養
❹ペット供養
********

※❸個人供養をご予約の場合は、供養する故人の「戒名、俗名、命日、享年」をわかる範囲で教えて下さい。
※❹ペット供養をご予約の場合は、供養するペットの「お名前、命日、享年」を教えてください。
B宗派のご希望がある場合は、宗派を教えてください。
C供養時に、「お電話での立ち合い希望」または「立ち合いなし」どちらの供養形式をご希望かを教えてください。
D供養時のお塔婆と供物の送付を希望される場合には、こちらも忘れずに教えてください。
Eご先祖様や故人に伝えたいお気持ちがございましたら、お書き添えください。供養時にお伝え致します。※1000文字以内でお願いします。
F掲示板でお問い合わせいただきました内容を元に、供養の内容の確認とご予約の手順をご返信いたします。 阿光観からの確認メッセージが届いてから、予約システムより正式にご予約ください。 ※阿光観からの返信は、24時間以内に心掛けておりますが、万一48時間以上返信がない場合には、お手数ですが再度メッセージしてください。
☆阿光観の線香護摩遠隔供養では、@〜Eのご供養に必要な情報をいただいてから、一家または一霊毎にお塔婆を作成し、供養表白やお唱えするお経や真言を選び、ご供養を組み立てるオーダーメイドのご供養です。準備完了後、ご予約日時にご供養を行います。
☆お電話にてお立ち合いをご希望の方は、お電話が繋がりましたら供養時の作法をご案内致します。
ご供養中は、静かな場所で供養に集中してください。
ご供養が始まりましたら合掌してください。
ご供養の間、お唱えするお経などを聞いていただきます。
その際、供養を修する方は、ご先祖様や亡き御霊への感謝の気持ちを一心に心からお祈りくださいませ。
また、ご存知のお経などがございましたら、ご一緒にお唱えください。お経を耳から聞くことも、唱えることも大事な修行で功徳をいただけるものと言われております。
☆ご供養が終わりましたら、その場で、ご供養したことについて神仏やご先祖様や故人からいただいた一言メッセージを口頭でお伝えして終了となります。
※その際、ご供養後のご質問やご相談、私語は慎んで一切ご遠慮ください。ご質問やご相談がある場合は、改めて電話鑑定をお申し込みください。
​ 〜ご供養Q&A〜

Q. 供養で、ご先祖様や水子霊、亡くなったペットの為に、自分でできることは何かありますか?
A.
仏壇がございましたら、蝋燭、線香、お水、生前故人の好きだった食べ物をお供えしてあげると喜ばれると思います。仏壇がない場合は、リビング等ご家族が集まるお部屋のテーブルやチェストの上などに、故人が東か南または西を向くように簡易の供養スペースを設けてあげれば良いでしょう。
供養時は供養スペースで、蝋燭を点けて、線香をあげて、手を合掌して感謝の気持ちをよくお伝えください。
毎朝の習慣にすれば、尚良いことです。
御供物は供養後にお召し上がりください。

***************
■祈祷と供養の注意点
***************
☆ ご祈祷ご供養は完全予約制になります。
お受けいただく場合には、必ず一度電話鑑定をお申し込みください。
※電話鑑定でのお付き合いが一度もない方はお引き受けできません。
☆阿光観のご祈祷ご供養は、寺社で行う専門的な丁寧な作法となり、その分お時間もかかりますので予めご了承ください。
☆尚、ご祈祷やご供養は、一回、ナムナムと唱えたらすぐに奇跡が起きてお願いが全て叶うテレビ・映画・アニメの魔法やおまじないとは違います。
人生は一生涯善くなるための勉強や修行ですが、祈願や供養はできるときには継続して行う方が良いもので、積善のための修行です。
※商品の買い物やビジネスように、直接的に自分の実利の見返りを求めるものとは違います。心を磨き鍛え育てる修行のご提供ですので、誤解のないようにお願い致します。
行により少しずつ心が育ち天に通じると、楽になったり良い方や望む方に向かったりもします。 それぞれ、上記にご案内の性質のございますお祈りの行でございますので、十分お読みいただきご理解ご了承いただきました上、ご予約ください。
☆尚、ご予約により、ご案内内容について全て同意・ご了承いただいたこととなります。予めご承知おきください。


▼△ マヒナからのコメント △▼
鑑定歴20年以上、生まれ持った霊感と関西の名刹と呼べる寺院にて得度された本格尼僧の先生です。
滝行や護摩焚き等の厳しい修行を積み重ねてこられた先生は、各種ご祈祷や供養はもちろんのこと、生来の霊感で特にお相手の気持ちを的確に読み取る霊視を得意とされております。 その鋭く丁寧な鑑定で、数多のご相談者様のお悩みを解決し幸せへと導いてきた実力派です。一見、プロフィールの敷居は高そうに見えますが、慈愛と御心厚いお人柄で、これからも多くの人を救っていかれることと思います。

【ご祈祷ご供養に関して】
詳細は、先生からのお知らせに記載しております。
ご祈祷ご供養は完全予約制になります。
お受けいただく場合には、必ず一度電話鑑定をお申し込みください。
※電話鑑定でのお付き合いが一度もない方はお引き受けできません。

☆尚、ご予約により、下記にご案内のく内容について全て同意・ご了承いただいたこととなります。予めご承知おきください。


鑑定士へメッセージを送る
└事前に先生とコンタクトを取り、都合のよい時間を予約したり、前もってお悩みをお伝えする事ができる便利掲示板です。
鑑定を始める
お気に入り・メモ登録

■一覧へ戻る
TOPへ戻る

Presented by
(c)電話占いマヒナ